本文へ移動

ひとよし生活困りごと支援センター

ひとよし生活困りごと支援センター

ひとよし生活困りごと支援センター

ひとよし生活困りごと支援センターでは、仕事や借金、家族関係など様々な理由で経済的にお困りの方のご相談をお聞きし、各種関連機関と連携しながら、共に考え、それぞれの状況に応じた支援を行います。
【お問い合わせ先】 
電話 0966-24-8111
メールアドレス nandemosodan@hitoyoshi-shakyo.com

生活福祉資金・小口福祉資金について

緊急小口資金・総合支援資金に関するお知らせです

 生活福祉資金の特例貸付のお知らせです。新型コロナウイルスの影響で収入が減少した世帯にこれまで緊急小口資金や総合支援資金の案内をしてまいりました。令和3年11月末まで申請期間が延長されておりましたが、更に延長され令和4年3月末まで申請ができるようになりました。新型コロナウイルスの影響で収入が減少し、生活費にお困りの方はご相談ください。
 なお、既に総合支援資金を受給された方で、未だ生活費が不足するという世帯は、総合支援資金の【再貸付】が申請できますが、この再貸付の申請期限は令和3年12月末まで延長されています。
 対応する職員が不在のこともございます。事前に電話予約のうえお願いいたします。

               困りごと支援センター 電話 24-8111

生活福祉資金特例貸付の期間延長について

生活福祉資金の特例貸付、「緊急小口資金」「総合支援資金」の受付期間が令和3年11月末まで延長されました。
新型コロナウイルスの影響で収入が減少した世帯に貸し付ける制度です。既に総合支援資金を借りられた世帯(初回、延長)も更に借りられる(再貸付)可能性がありますが、これは借りられた時期によって異なりますので詳しくは担当までご連絡ください。
また令和2年7月豪雨により被災され、罹災証明書をお持ちの世帯は「緊急小口資金」の対象となっています。必要な方はお問い合わせください。
※担当者が不在のこともございます。事前に電話予約のうえお越しいただけたら幸いです。

【参考】 

【お問い合わせ先】 
電話:0966-24-8111
 

新型コロナウイルス・令和2年7月豪雨災害により生活資金でお悩みの方へ

新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業等により、一時的に収入が減少した世帯を対象として、生活福祉資金(特例貸付)の緊急小口資金・総合支援資金(初回・再貸付)について、令和3年11月末まで借入れ申込みの受付を実施しています。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯が対象です。
また、令和2年7月豪雨災害で被災された方で、当座の生活費を必要とする世帯を対象として、生活福祉資金貸付制度福祉資金(緊急小口資金)の特例貸付を実施します。
担当者が不在のこともございますので、事前に電話予約のうえお越しください。

【お問い合わせ先】
電話 0966-24-8111
 

社会福祉法人
人吉市社会福祉協議会
〒868-0072
熊本県人吉市西間下町41-1
TEL.0966-24-9192
FAX.0966-25-1117
3
6
0
2
6
1
TOPへ戻る